#556 演出、レトリック

走査

プロダクト使用時に何か演出できることはないか考えてみましょう。
旧来のプロダクトの文法を用いたり、別の空間に見立ててみたり、
擬人化したりと、やり方はいろいろあります。

このような演出をほどこすことにより、そのプロダクトが何であるか
より明確になったり、使用者の気分を高められる可能性があります。

関連用語

アナロジー
メタファー
ノベライズ
セマンティック

関連項目

#056 シズル感
#180 空間的ゆとり
#199 状態変化を色で知らせる
#253 気分、精神状態
#275 イメージの世界
#340 私的イベント日
#342 AR、MR、VR
#346 感温、サーモグラフィ
#366 音で知らせる
#367 光で知らせる
#380 インフォメーション、案内
#406 リアルタイム
#409 汚れを目立たせる
#447 直感的に使える
#495 視線を集める
#508 テーマを与える
#516 言語化
#523 インタラクション
#524 イメージを形にする
#525 可視化
#528 ホムンクルス
#529 部分強調(プロダクト形状の拡張)
#535 メッセージを形にする
#559 イメージの想起
#561 デザイナーのエゴを出す
#568 異化効果
#569 意識のアクセント
#570 遊戯性、遊具性
#587 イベント、企画
#677 計測、計量
#699 [style] ポップ
#702 [style] ゴージャス

参考画像


via: I New Idea


via: The uberReview


via: I New Idea


via: inspire me now


via: 革新的発明と製品情報


via: inspire me now


via: Le blog deco


via: inspire me now


via: 革新的発明と製品情報


via: swissmiss


via: Design Milk


via: Design Milk


via: IDasia.org(INDUSTRIAL DESIGN ASIA)


via: IDasia.org(INDUSTRIAL DESIGN ASIA)


via: The Dieline.com


via: Architectradure


via: Edgewire

sorted by date  │  sorted by group
Next :
Prev :
  Next :
Prev :

コメントはまだありません »

 TrackBack URI
 http://design720.com/688/trackback

コメントを残す